読後感その1:歴史な話「呉清源とその兄弟」

 先日某所に出張し、近くの古書店で購入した本がこれ。

 

呉清源とその兄弟 ―呉家の百年

呉清源とその兄弟 ―呉家の百年

 

 

帰りの車中にてほぼ読了した。

 inoueは囲碁をやらない。悲しいかな、見てもわからない。それでも呉清源は知っていた。

本書のテーマは、この文言である。呉家三兄弟の生きざまに、波乱を極めた日中関係が絡み合い、物語をなしている。

 

一人は家のために生き、

一人は祖国のために生き、

一人は才能のために生きた。

(p. 9)

 

 呉清源は1914年、北京の軍閥政府の官僚の三男として生まれる。本名を呉泉という。三兄弟は四書五経の暗唱という古典的な教育とともに、父から囲碁の手ほどきを受けることになる。一番若い呉泉が没頭し、幼いながらも頭角を現してくる。父は清から中華民国への時代の変わり目を乗り切ることができず、若くして亡くなってしまう。亡父のつてと呉泉の並外れた囲碁の才能で、呉家が食いつなぐことさえあった。「清源」の字は、亡父の仕えていた軍閥(段祺瑞)の肝いりでつけられた。呉清源自身、段祺瑞の人となりをこう回想している。

「将軍の得意としていた碁は、相手が囲った地の中に、いきなり石を打つという手でした。そして、相手の地の中で、小さく生きてしまうのです。それを『公園の中に小屋を建てる』と言ったのです。当時、日本は満州軍閥張作霖を支援していました。でも、やがて彼を爆殺し、後に満州国を作りました。段祺瑞将軍は親日家ではありましたが、日本の中国での振る舞いを見て、『小屋を建てるのはいいが、取ってはいけない』と考えていたのです。だから、囲碁でもそういう打ち方をしたのだと、後になって私はわかりました。彼は偉かったと思います」(p.62)

 

 北京の天才少年として取り上げられるようになった呉清源はやがて、囲碁を極めるべく日本に渡ることとなる。政治家をはじめ当時の日本棋界が受け入れ体制を整え、呉清源14歳にして呉一家が来日する。日中友好の架け橋となることも期待されてのことであり、彼の生き方を決めたイベントであったと言えよう。

「日本国民の熱誠あふれる歓待に対し、われわれは感謝のほかなしと思っている。われらは是を是とし、非を非とせねばならない。その意味において、呉清源のことに関する限り、われらはいかなる謝辞を重ねてもなお不十分である」(北京クリスト青年会による歓迎挨拶、1928年、p.92)

日中間が険悪になりつつあったとはいえ、このような挨拶がかわされるほどには節度があったのである。ただし日中関係はその後さらに悪化し、呉清源は中国にあっては「文化漢奸」呼ばわりされるようになる。

 

 じつは3兄弟のうち呉清源とともに来日したのは長兄の呉浣のみであり、次兄の呉炎は中国に残った。呉炎は亡国への危機感から学生運動に携わり、共産党の主張に傾倒していく。一方長兄の呉浣は明治大学を卒業し、満州国官僚として職を得ることになる。呉清源もまた、政治に巻き込まれていく。呉清源の来日によって、日本の影響下で暮らしを組み立てていく呉清源、呉浣と、救国運動をとおして中国共産党の活動に身を投じていく呉炎はいわばそれぞれに生き方を選択したのである。結果、三人が最後に一同に会したのは一九三六年(2.26事件の年)であった。満州事変を経て日中戦争が本格化し、さらに日本は真珠湾攻撃を経てアメリカとの開戦に踏み切る。

「昭和三年の来日以来、日中親善という使命を背負っている気持ちでいたのです。帰国は考えませんでした。棋士として日本に残るという私の考えは、母も認めてくれました」(呉清源、p.216)

 日本海軍の真珠湾攻撃のニュースを聞いて、日本全土が喜びに沸き立っていたとき、天津にいた呉炎はこれを嗤った。日本が全運をかけて大博打を打ったと思ったからだ。

(あのアメリカに日本がかなうはずがない。緒戦の勝利は単なる幕開きにすぎない)

 呉炎だけでなく、多くの中国人がそう感じたという。呉炎の友人は、

「期待できるのはこれからだ」と言った。(p.217)

 

 日本の敗戦後、長兄の呉浣は台湾で生活するが、満州国官吏であった事実を極力隠して生きていかなければならなかった。次兄の呉炎は、念願の中国共産党員となったものの反右派闘争から文化大革命に至る政治運動に翻弄され、安寧を得たのは文化大革命の収束した一九七六年であった。呉清源が長兄の呉浣に再会したのは一九五二年であったのに対し、次兄の呉炎に再会できたのは一九八〇年となっていた…

 

 この本が出版されたのは二〇〇五年、呉清源は二〇一四年に天寿を全うし、本書の主人公は(おそらく)「歴史上の人物」になりつつある。人生は短く、歴史は永い。

 一〇〇年まえに「囲碁をやるなら日本」と、呉清源は来日した。すべてが終わってみれば来日は「正解」だったのではないだろうか。翻っていま、日本で花開く才能とはなんだろう?

中国語な話(出張がサバイバルでは・・・ね)

中国語といえば。学会中同僚(中国人)に、「〇〇〇〇・・・吗?」ときかれてキョトンとしてしまったあたし。一句一句聞き返して「你自己打车吗?」だったとわかって苦笑。いつまでもサバイバル気分で中国出張をこなすのも、いつまでも中国語が上達しないことの裏っ返しだと思って反省。ということで先日の受験結果を。ちゃんちゃん。

f:id:inoue-tomoya:20180716231544j:plain

・・・でやはり本屋に行った

 ここでも性懲りもなく本屋に言った。北京の王府井や図書大厦、上海の書城にくらべればどうしたって小さくなるし、繁華街(西安路)の本屋は軒並み「受験参考書」平積みであった(なんでそれしか売らないんだよ・・・)でも歴史書を無言で見ていたら「日本人か?」と声をかけられて「うん」と言ってそそくさと退出したあたし。

 なのになんか本を買わずにいられないのは貧乏性か。実は先日FBで「自分たちと比べて今の若いもんはこんなことしかしていないのか?!プンプン!」といった論調の投稿にシェアが集まっていたり、中国では「高校でも人工知能の・・・」といったエントリがあったりしたので、ほんまかいなと思って立ち読みしてみた。

 結果買ってきたのが・・・高校数学の教科書の一部。フローチャートの取扱があったり、Scilabでプログラムを書かせたり、そういうものが高考(大学入試)で出たり、というところはちょっと日本にはないかな。このくらい学校でやってれば大学でSciPyをいじるくらいあんまり違和感がないかもしれない。

f:id:inoue-tomoya:20180716224739j:plain

f:id:inoue-tomoya:20180716224803j:plain

f:id:inoue-tomoya:20180716224813j:plain

 問題のベクトルは必須(ただし多分平面のみ)。ほか目立ったことで言えば、二次曲線(楕円、放物線、双曲線)の幾何的な取扱と行列・一次変換の初歩的取扱が選択科目として入っているくらい。ここが高考でどう取り扱われているのかは素人目にはわからなかった。なので、教科書を見る限り

・中国の高校生(高中)のほうが、簡単な数値計算まで「必須」な分内容は多そう。

・いわゆる「発展的学習」にも教科書がある点は親切

とはいえるものの、高校での線形代数はinoueの学生時分よりも軽いな、という印象を受ける。

 もう1冊買ったのは、北京の高校生がものしたという「北京の個性派書店」をめぐる随筆。先の北京出張時、ここで取り上げられている書店の一つが入っていた。受験準備で大変だろうに、センスいいなこの子・・・と思ってプロフィールを見ると、〇〇大学付属高校国際部、というところにいるらしい。家内から又聞きのところの、北京の「昔からのインテリ」の残像を奇しくも見た気がした。(どうやら2年前に出た本らしい。まだ並べられる、くらいの人気ということか)

大連に行ってきた

 実は大連に行っていた。学会参加の名目、といってもギリギリのエントリーで発表はなし。自分のiphone忘れたので写真もなし。10年来(いや、人によっては15年以上だ)の知り合いと旧交を温めるいい機会になった。昨年の11月にはじめて来たときにはとにかく寒かったけれど、今回はどちらかと言うと涼しかった−というのはわが国の首都圏に比べての話。

 学会そのものはきわめてawayだった・・・けれどもいわば「知り合いの知り合い」でかためた、お友達感満載の雰囲気もあんまり悪くないなとは実感。お決まりの話だが、中国の研究者のメインストリームは「一流の雑誌に、たくさん」出してなんぼである。その根底にはまだ「技術が未来を明るくする」という考えがあるんだろうなと思いながら研究者の発表を聴いていた。

 2007年に出張で中国に行きだして10年以上経ったが、傍目にも中国の研究者のactivityの増加は凄まじいものがある。こと日本との比較においてそれを資金なり、雑用なり、制度なりのせいにするのは簡単だが、公的な研究資金で言えば、結局わが国がお金が稼げない(税収がない、稼いだ以上に使わざるを得ない)こと、研究開発を担う人でいえば現役人口が減っているところに帰着するだけなので、LKY(Lee Kwan Yew)

が正しかった(それがおもったよりも早く現れた)だけでしかないな、と考える。

 多分、「日本が、中国が、」といったところでますます老い、ますます縮んでいくわが国の「メインストリーム」にハマるのがオチだろう。そういうものに頼り切らない(頼らない、とは今のあたしには言えません)生き方、というか仕事をしていくしかないんだろうな、というのがちょっとしたあたしのなかのこれまでの総括ではある。

中国制造再び

 中国制造2025関連で手に入れた文献をいじろうとしていたらほぼ1年。とおもったら数日前の日経で「中国製造2025・・・」がちょっとbuzzっていたので、何を今更?と思ったら関税報復合戦で引き合いに出されたらしい。

www.nikkei.com

 そこで昨年の続き。実はつい最近アジア情報室が、工业和信息部自身による中国制造2025の解説に触れていた。

『「中国製造2025」解読資料』:アジア情報室の社会科学分野の資料紹介(15):アジア情報室通報 15巻4号 | アジア諸国の情報をさがす | 国立国会図書館

 

 中国国内ではどうやら2015年〜16年にかけて解題本が結構出版されたらしい。そのなかでも中国工程院の編纂した解題本は、最も網羅的にこれらのトピックスを解説している。中身を見ているとわが国のNEDOの技術戦略のようなものだが、もちょっと「戦略」色が強そうである。

 昨年のこのブログでもリンクを張っていたのだが、なんとまだこのリンクが生きていたのでもう一回貼っておく。

中国工程科技知识中心

 

 中国制造2025の柱は以下のとおりである。

1.优质制造(高品質製造)

 高品質製造をいかに実現するか、ブランド戦略

2.工业强基(工業基盤の強化)

 各種部品・先端材料・センサに関する基盤技術強化、ならびに生産プロセス強化

3.绿色制造(環境低負荷製造)

 製鉄・化学工業・非鉄金属工業・建材各製造業の環境低負荷化、プロセス産業の環境低負荷化、リサイクルの取り込み

4.智能制造(インテリジェント製造)

 インテリジェント製造、ビッグデータの取り込み、標準化の必要性、ロボット製造。

5.服务型制造(サービス型製造)

 製造業とサービス業の融合・鉄鋼業、軽工業、服飾産業における展望、欧米企業における先進事例。

 

 個人的な感触として、4.が一番の目玉のようである。1〜3の共通のトーンとしては、

「わが国(=中国)は製造大国ではあるが先端的な取り組み、部材に弱く、肝心の部材は他の先進国に押さえられている。これをなんとかしなければいかん。」

という内容をいろいろな分野について各論を展開する、というもの。

inoueの近いところで言えば、MEMS/センサーがらみは2.工业强基と化学プロセスは3.绿色制造が関心のあるところ。今後おいおい詳述する(予定は未定)。

 

 実は工程院の解題書は、上記5巻のほか、「戦略」だの「現状分析」だの・・・こみこみで12巻刊行されている。このなかの8巻が2015年現在の各国の現状分析なのだが、各国製造業をスコア化して以下の順番を付けている。ちょっと順位とスコアが面白い、というかさすが科挙の国という感じがするのでさわりを紹介しておく。詳細はリンクを辿られたし。

 

第1グループ:1.アメリカ(160点)

第2グループ:2.ドイツ(123点)、3.日本(122点)

第3グループ:4.中国(96点)、5.韓国(72点)、6.フランス(66点)・・・

 

 今日はここまで。

 

   

 

中国制造2025あれこれ

 もう2年前の話になるが、中国国務院が

中国制造2025

「中国制造2025」を公表して話題となった。ざっくり言えば製造大国から製造強国への脱皮を図るというもので、inoueの身の回りでも、知人が最近出版した書籍(株の本なんだが・・・)にも言及されるなど製造業の枠を越えて話題になっていることを実感する。

 

本音の株式投資 人気ストラテジスト直伝

本音の株式投資 人気ストラテジスト直伝

 

 

 冒頭にリンクされた本文は、既にいろんなところで訳出されているし、中国国務院の工业和信息化部のホームページに行けば中国制造2025のサイトもある。後者はあんまし更新されていないようで、まあいろいろ考えるところはあるんだが下司の勘ぐりの域を出ないのでやめておく。

https://www.jst.go.jp/crds/pdf/2015/FU/CN20150725.pdf

中国制造2025

 inoueは化学プロセスの研究開発に身を置くこともあり、中国制造2025はそれなりに気にしてちょこちょこ調べていた。そこでつい最近、中国工程院による解題のホームページを見つけてちょっと悦に入っているところ。中国が製造「強国」を目指すうえで何が足りないと自分で考えているか、「中国制造2025」本文にはもちろん書いてあるが、何を「ライバル」と見なしているかがより見えておもしろい。ちなみにリンクに...bookと見えているとおり、出版もされている。なのにフリーでダウンロードできるところがありがたくはある。日本で書店で入手できる中国書籍、貧弱なうえにジャンルが偏っているもんだから、淘宝网でつたない中国語でチャットしながら買わなきゃいけないからね。

中国工程科技知识中心

 せっかくいいものを見つけたので、しばらくこれで遊んでみたい。

 

 技術革新と「職」

[勝手に抄訳] 技術革新と「職」

 以下、Technology and jobs: Coming to an office near you | The Economist

からの抄訳、というか中途訳。

 イノベーション(技術革新)は進歩のたまものだが、それによって職が奪われることもまま起きてきた。産業革命時には織物職人の職が機械織りにとって代わられたし、この30年来のデジタル革命により、20世紀の中流階級の職業、たとえばタイピスト、切符切り、銀行の出納係やおおくのライン工といったものも織物職と同じ運命をたどった。

 このようなある種の職業の衰亡は、技術革新の一面である。なるほどそれにより失われる職業はあるが、同時に新たな職業が生み出され、それによって社会の生産性が高まり、人々は豊かになり、さらなる商品やサービスへの欲求が生まれるのである。100年前、アメリカ人の3人にひとりは農場で働いていた。今日ではその人口の2%にも満たない人が当時よりも遥かに大量の食糧を生産している。農業から解放された数百万もの人たちは失業したのではなく、経済発展に伴って生まれた、より高給な職業に吸収されていった。今日秘書という職業は衰退しつつあるが、コンピュータプログラマーウェブデザイナーといった職業がそれを補ってあまりあるほどに興りつつある。

 

Ironbridge*を思い起こそう

*産業革命発祥の地として、イギリスにて観光スポットとなっている。

 

 技術の進歩を楽観的にとらえるのは正当化できるとはいえ、労働者の立場からすれば技術革新によって職が失われることが、その恩恵よりも先に立ってしまうことがままある。新しい職や魅力的な商品が生まれても短期的には収入格差が拡大し、社会の不均衡をもたらし政治を変えてしまうことが起きるだろう。技術革新のもたらす衝撃は竜巻のようなものかもしれない。それははじめに豊かな国を襲うものの、やがて豊かでない国へ影響をもたらす。

 とはいえ、歴史は繰り返すのだ。産業革命の初期において、生産性の向上の恩恵はもっぱら資本家が享受したが、のちには労働者もほとんどの恩恵にあずかることができた。今日起きていることも似ている・・・

_____

 さては、Neriの「チェホフを読め」とは、「桜の園」であったか。